超音波画像診断装置で穿刺

超音波画像診断装置で穿刺 ガンなどの検査では穿刺と言う方法が用いられます。腫瘍ができている部位の細胞を抜き取り検査にかけます。悪性か良性かによってガンを診断することができます。ただし的確に目的の腫瘍に針の先端が当たらないといけないので、困難を極めます。そこで使われるのが超音波画像診断装置です。
超音波画像診断装置は超音波エコーによって皮膚の下の状態を断面図として可視化することができます。密度が高ければ高いほど白く見えるので、腫瘍のように血管が集まっているようなところは強い白に写ります。皮膚にプローブと呼ばれる計測器の先端を当てることで、その下側の状態をリアルタイムに観察可能です。斜めから穿刺を行い、最も白い部位まで到達させます。針が到達したところも見ることができるので、確認しながら動かすことができます。差し込んでいるのになかなか見えないときには、差し込んでいる位置がずれている恐れがあるので無理やり動かさずやり直しましょう。

超音波画像診断装置の購入には補助金や助成金を申請できる

超音波画像診断装置の購入には補助金や助成金を申請できる 国や地方公共団体などでは、地域医療や在宅医療などを充実させるための事業を行っており、病院やクリニックなどの医療機関に補助金や助成金が支給される仕組みがあります。どちらの交付金も原則的に返済が不要で、後払いで支払われるようになっています。補助金受給の申請については、受付期間が決まっていて公募制となっていることが多く、予算や件数なども決まっているため、申請をしても交付金を受け取れないことがあります。
また、助成金の申請をした場合は、要件を満たしていれば基本的に受け取れる可能性が高くなります。医療機関が超音波画像診断装置などの機器を整備する際にも、条件が見合うことで申請できるようになっており、クリニックを開業する時に受給できる交付金については、全国の自治体などでも積極的に申請を受け付けています。超音波画像診断装置などの医療機器の購入などで資金が必要な場合は、該当する自治体の助成金などを調べてみることもおすすめです。

新着情報

◎2021/9/14

サイト公開しました

◎2021/7/20

サイト公開しました

◎2021/5/31

サイト公開しました